船舶免許

船舶免許とは

 

小型漁船やモーターボート等を操縦するには一級小型船舶操縦免許証又は二級小型船舶操縦免許証を、また水上オートバイを操縦するには特殊小型船舶操縦士免許証を有していなければなりません。

 

現在の免許区分は、ボート・ヨット用の「一級」、「二級」と水上オートバイ用の「特殊」の3区分に分けられています。また二級には「湖川小出力限定」の区分があり、川や湖に限定して15kw未満(約20馬力)の期間を搭載した船舶を操縦するための免許があります。

 

水上オートバイを操縦するためには、「特殊」の免許を所有しなければなりません。一級や二級の免許を取得していても特殊を別途取得しなければ水上オートバイに乗ることはできません。

 

☆小型船舶とは

「小型船舶」とは、総トン数20トン未満の船舶です。但し、総トン数20トン以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には、小型船舶に含まれます。
1.一人で操縦を行う構造であるもの
2.長さが24メートル未満であるもの
3.スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)

 

☆免許不要の船舶

実のところ、エンジンが付いていても免許が必要のない船舶もあります。平成15年6月から、次の要件の全てを満たすボートは免許が不要となりました。また、船舶検査を受けなくても操船することができるようになりました。
1.長さが3メートル未満であるもの(登録長)
2.推進機関の出力が1.5kw(約2馬力)未満であるもの
3.直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶、または、その他のプロペラによる人の身体の傷害を防止する機構を有する船舶
免許の必要ないレンタルボートクラブとしてこのような船舶をレンタルしてくれるところもありますが、あまり遠くに出ることはできないので物足りなく思えるものです。やはり免許を取得して沖に繰り出したいものですね。

 

☆免許の区分

●一級小型船舶操縦士
小型船舶で操縦できる範囲は無制限です。ただし、沿海区域の外側80海里(約150キロメートル)未満の水域以遠を航行する場合は、六級海技士(機関)以上の資格を受有する者を乗り組ませねばなりません。
●二級小型船舶操縦士
小型船舶で、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域を操縦できます。年齢が18歳未満の方は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。
●二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)
湖や川だけに利用する総トン数が5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船を操縦できます。
●特殊小型船舶操縦士
水上オートバイを操縦するために必要な免許です。湖岸や海岸から2海里(約3.7キロ)までの水域を操縦できます。

 

船舶免許

船舶免許と仕事

船舶免許をとっても、中々すぐにそれを活かした仕事に就くことができるかと言えばそういうことはないですよね。趣味で免許を取得するなどの人も相当多いようです。
仕事と言えば、船舶免許に限らず、資格等をとってもすぐに仕事にすることができないものは結構多いですね。
反面、SE業界は、資格等がなくても、あるいはse未経験でもすぐに仕事になる。お金になりますね。
<参照>se求人サイトランキング
こういったところも、新しいこと、新しい業界の魅力と言えるかもしれませんね。